創立記念品にはどんなものを選べばよいの?

創立記念品として選ぶにはどんなものが良い最適?品物を選ぶ際のマナーはあるのか? - 創立記念品にはどんなものを選べばよいの?

創立記念品にはどんなものを選べばよいの?

創立記念などの記念日には、記念品を贈る機会がある企業や学校なども多くあります。
その場合にどのようなものを選んだら良いのか、迷う事もあるでしょう。
創立記念にどのような記念品を贈るのが良いのか、お祝いの品物を選ぶ際のマナーなどはどのようなものがあるのか、おさえてみましょう。

創立記念や周年の数え方

あまり知られていない事ですが、周年の数え方と言うのは創立してから満1年の事を1周年と数えます。
一例を挙げれば、平成30年4月1日が創立日の場合で10周年目は平成40年の同日になります。
この考え方が基本となり、場合によっては会社の都合で区切りが違う事もありますが、大抵の場合はこうした数え方を基準に記念日を設定します。

創立記念の記念品を選ぶ時、どのようなポイントがあるのでしょうか

企業の場合は社員や取引先、または日頃利用している業者、お客様へ記念品を贈る事が多くあります。
記念品を選ぶときには、出来れば、控えめだけれども、少し高級感の漂うようなものがおすすめです。
例えば、サラリーマンが多い企業なら、7つ道具などの実用的なものなどはいかがでしょうか。
また、社名を入れる場合にはあまり目立ちすぎないように入れる事がポイントです。
店舗などの場合は、これまで開店から営業してこれたと言う意味を込めて、メモリアルな意味の持つものや、それが伝わるような品物が良いです。
メッセージなどが添えられていたり、入った記念品と言うのは、お店のオリジナリティを感じさせますから、記憶にも残す事が出来る喜ばれる記念品になります。
学校の場合は、すぐに劣化するようなものは避ける方が無難で、かといって遊び心が過ぎるものも軽い印象を与えます。
出来れば長く使用できるような学校ならではの品物を選ぶ事がポイントになります。

創立記念に式典を行う場合どうしたら良いでしょうか

創立記念と言うと大抵の場合は、式典を行う事が多くあります。
そう言った場合には関係者を招待したり、挨拶状を出す事があります。
挨拶状が招待状になる事もあるので、意外と重要な意味を持っています。
一般的なところでは、挨拶状は往復はがきやカードになっていて、往復はがきの場合は返信してもらう、カードの場合は持参してもらう事で招待状の代わりにするといった方法が多くあります。
内容には、タイトルや挨拶、御礼を記す事が一般的です。

記念品を配る時のマナーにはどんなものがあるのでしょうか

記念品は大抵の場合では記念式典開催日や創立記念日の1週間前から当日まで配る事が一般的です。
店舗などの場合は、記念のセールを行う事も珍しくありません。
企業や学校の場合、功労者に対して表彰を行うと言った事もありますので、どんな創立記念なのかによっては変化があると言えます。

のしは付ける方が良いのでしょうか

記念品を贈る時には包装紙で包んだものでも良いでしょうが、企業などの場合は、花結び祝のものを使う事が一般的です。
それには創立記念や祝創立何周年、と言った表書きをすると完璧です。

創立記念の記念品選びはケースバイケース

thrjysjytr
これまで述べてきたように創立記念の記念品と言うのはケースバイケースで、どんな品物が適していると言うものが、あるようで決まっていない事が多くあります。
最低限のマナーを守ってもらった側が喜ぶような品物を選ぶ事が何より大事で、そのためには、ある程度のリサーチも必要になる事が考えられますし、予算との兼ね合いも考えなくてはいけません。

Copyright(C)2016 創立記念品にはどんなものを選べばよいの? All Rights Reserved.